第213回西区在宅ケア連絡会例会(市民向けシンポジウム「地域で最期まで暮らすために」)

第213回西区在宅ケア連絡会例会
(平成28年度在宅医療・介護連携推進に係る啓発等事業)

市民向けシンポジウム「地域で最期まで暮らすために」

 実際にご家族を在宅で看取った方から、その経過を報告いただき、「最期まで住み慣れた地域で生活を続けていくため必要な事は何か?」ともに考え、在宅サービス・施設サービスの活用方法を考えましょう。

なお、本シンポジウムは平成28年度在宅医療・介護連携推進に係る啓発等事業の委託を受け札幌市・札幌市医師会西区支部・西区在宅ケア連絡会が主催します。

  • 日時:平成29年3月18日(土)14:00~(開場13:30)
  • 会場:ちえりあ6F講堂

■報告(14:05~14:35)

「97才の母親を70才の息子が自宅で介護した経験から」

報 告 大内 東さん(北海道大学名誉教授)
母親を看取る中、病院への入退院やグループホーム・サ高住への入退居そして在宅での介護等、様々な場面で必要となったサービスについて報告します。

■シンポジウム・質疑応答(14:35~15:55)

「地域で最期まで暮らすために」

シンポジスト ケアマネジャー・病院地域連携室・訪問診療医・訪問看護師・訪問介護
報告を元に入退院・入退所、介護の各場面ごとに必要となる医療や介護のサービスについて、専門職からの解説とフロア参加者からの質問に答えます。

主催:札幌市・札幌市医師会西区支部・西区在宅ケア連絡会

※組織内での回覧等にご利用下さい。
シンポジウムリーフレット
シンポジウムポスター

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名:(イベント問い合わせ)

メッセージ本文

メールアドレスを確認後チェックボックスのチェックを外して下さい

メール以外での返信を希望の方は本文内に電話番号・FAX番号等返信方法を記載の上送信して下さい。

会場へのアクセス

交通アクセス|施設案内|札幌市生涯学習センターちえりあ